低圧太陽光発電2

注意喚起!定期報告に関する指導について(資源エネルギー庁)

注意喚起

2018.08.31 各省庁 経産省 最新ニュースです
定期報告に関する指導について(資源エネルギー庁)

 

定期報告に関する指導について
FIT制度の認定を受けた事業については、法令上の認定基準として、定期報告の提出が義務付けられています。2018年7月23日には、ウェブサイトに注意喚起文書を掲載し、改めて定期報告の御提出について周知しました。
当該文書中、設置費用報告を未実施の対象事業者に対して、2018年8月10日までに報告を行うよう求めていたところ、当該期限までに報告の実施が確認されなかった事業者の一部に対して、本日(2018年8月31日)付で経済産業大臣による指導を行いました。
指導の対象となった再生可能エネルギー発電事業者におかれては、2018年9月20日までに定期報告の御提出をお願い申し上げます。報告がされない場合、認定取消しとなる可能性があります。

 

9月に入りましたがまだまだ残暑が厳しくいかがお過ごしでしょうか

 

さて先月のお盆前の10日提出期限で定期報告ではバタバタしましたが設置報告後運転費用報告も報告がされない場合、認定取消しとなる可能性がありますと注意喚起が発令されているので気を付けたいと存じます。

 

開発部


定期報告 に関するお知らせ (注意喚起) 2018.07.23 各省庁 経産省 に関して

残暑お見舞い申し上げます。

 

立秋を過ぎてその暑さもいっぷく?
えらいものでセミもクマゼミの鳴く声につくつくぼうしの声が・・
昔はあぶらゼミやにいにいゼミまでいてとても賑やかでした

 

さて 「再生可能エネルギー発電設備設置・運転費用年報」 について注意喚起がされてから本日10日の期限まで
まずは設置報告の電子申請にパソコンと連日にらめっこして入力作業に追われていた経営者様、ご担当者様にはお疲れさまでした。
申請中表示でまずは一安心でお盆に入れます。

 

運転費用報告は先の設置報告が審査中から受理に報告ステータスが変わると入力できるようになります。
受理に代わる迄数か月かかると認識しています。その間に運転費用年年報の内容を確認して慌てない為にも定期報告の準備をする必要があります。

 

運転維持費の中のG法人事業税は比率分配での記入になるようです。

 

代行申請センター新しい0570-078-210の定期報告問合せ先の電話も中々繋がりにくいですが不明な点は確認してください。
その他、何かご不明な点がございましたらお気軽にお問合せ頂ければと存じます。

 

開発部

 

追伸

 

次回は廃棄費用(撤去及び処分費用)に関する報告義務化について述べたいと存じます。

 

 

▼▼表題の件▼▼

 

定期報告の提出は認定基準として義務付けられているため、2018年8月10日までに御提出いただけない場合には、

 

経済産業大臣による指導の対象となるほか、認定が取消しの対象となる可能性があります。

 

 

▼以下、内容と新たに経産省の書類を添付させて頂きました。

 

早速ですが改正FIT法のもと、「みなし認定」の事業計画の受付が2017年4月1日から始まりましたが

 

太陽光発電設備の発電事業者になった方は毎年20年間、経済産業局への発電設備設置及び運用費用の報告が義務付けられています。

 

 

経済産業省資源エネルギー庁は平成27年7月24日、固定価格買取制度(FIT法)に基づく太陽光発電設備にかかわる定期報告について、新システムでの受付を同日より開始すると発表しました。

 

FIT法が改正されたことに伴い、新システムに移行するため、2016年12月22日からこの報告の受付を停止していた。

 

報告時期を迎えつつも、旧システムで報告の受付が停止したため、報告がされていない太陽光発電設備については、新システムで報告するよう呼びかけています。

 

 

経済産業省 資源エネルギー庁は、再生可能エネルギーの設備認定後に提出が必要な書類「再生可能エネルギー発電設備設置・運転費用年報」のサンプルを更新。

 

この書類は、初回(受給開始から1か月後)と2回目以降(受給開始から1年後ごと、以降調達期間の間、毎年1回)の提出が義務付けられているもので

 

 

初回は、申請書の「設置の状況」「資本費」「設置期間」「連絡先」など、2回目以降は、申請書の「設置の状況」「運転維持費」「運転実績」「連絡先」などを記入する。

 

 


太陽光発電設備に係る費用年報の提出について 2018年2月5日更新


色々と追加で提出しなければいけない書類が次々と・・
この書類初回と後、年に1度の提出義務があり内容も結構シビアなので作業としては大変です(汗)
今のところペナルティはないですが気づいた時が提出時ではないでしょうか!
気になる方はJPEA 代行申請センターへご確認下さい。


2017年度申請期限について 資源エネルギー庁から注意喚起が発表されました!

≪ 今年度の21円申請期限について ≫
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/dl/announce/20171110.pdf

 

来年2月16日までに接続の同意とありますから、電力会社との電力負担金のお知らせ=2月16日までに同意が出れば21円確定!?

 

▼各種手続き 提出期限日
バイオマスの新規/変更認定申請
平成 29 年 12 月 12 日(火)

 

提出期限日:平成 30 年 2 月 16 日(金)
(他省庁協議の時間を確保する ため、他申請よりも早く設定)

 

▼バイオマス以外の新規/変更認定申請及びバイオマスを含む全区分の 変更届出
平成 30 年 1 月 12 日(金)

 

▼接続の同意を証する書類/環境影響評価方法書に関する手続を開始した ことを証する書類の提出(当初の申請時に添付しなかった場合)
平成 30 年 2 月 16 日(金)


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 会社概要 低圧太陽光発電 冷媒ガス お客様の声 お問合せ